Shouting Fire in a Crowded Theater

日々のあれこれ

「学問の自由」を考える

少し前(2005年)のことになるが、ハンス-ハーマン・ホップが大学当局から不当な攻撃を受けたという話(「思想警察との戦い」)。簡単にことの発端を整理しておこう。ホップは、自らの講義のなかで「時間選好(Time preference)」の概念を説明しようとした際…

誰がより無責任なのか?

少し前(2005年)になるが、Econlogのブライアン・カプランの記事「誰がより無責任なのか?」が興味深かったので紹介しておきたい。ここでカプランは、"福祉改革"(welfare reform)が唱えられる背景のひとつである10代のシングル・マザーについて、大部分は…

新世代のオースリア学派経済学者: エドワード・ストリンガムへのインタビュー

前回に引き続き『オーストリアン・エコノミクス・ニューズレター』の記事より。「新世代(THE NEW GENERATION)」と題し、何名かの若手のオーストリア学派経済学者が取り上げられている。そのなかで巻頭に来ているのが、現在若手のホープと目されているファ…

市場と生活の質: ランダル・ホルコムへのインタビュー

『オーストリアン・エコノミクス・ニューズレター』というミーゼス研究所が発行していたインタビュー誌に掲載されたフロリダ州立大学経済学教授ランダル・ホルコムのインタビュー記事(「市場と生活の質:ランダル・ホルコムへのインタビュー」)。1998年と…

書評:集合住宅デモクラシー

2006年2月の文章。前年に出版された竹井隆人『集合住宅デモラクシー』を取り上げている。例によって若干手を入れさせてもらった。竹井さんの新刊もそろそろ読んでみたいものだ。 いくつかのサイトで「昨年のベスト本」のような企画をやっているのを見かけた…

マルコムXを称賛する

スパイク・リー監督作品の『マルコムX』は、ぼくの好きな映画の1つだ。マルコムXは、1960年代ブラック・ムスリムの組織であるネイション・オブ・イスラムのスポークスンとして活躍した(その後脱退)黒人解放運動の指導者の1人。かれが有名なのは何よりもそ…

法によらない秩序

おなじみ過去に書いた文章の再掲シリーズ。2006年1月。 ブライアン・カプランによるロバート・エリクソン『法によらない秩序』の紹介。非常におもしろそうだ。多くのリバタリアンが立法行為によらない法のあり方を研究しているが、エリクソンは秩序にとって…