Shouting Fire in a Crowded Theater

日々のあれこれ

2011-08-15から1日間の記事一覧

リバタリアンの戦略論

デイヴィド・フリードマンの『自由のためのメカニズム』(原題:The Machinery of Freedom)は、言わずと知れたリバタリアニズム、アナルコ・キャピリズムを代表する1冊であり、20代で書かれたと思えないほどの完成度は驚異的だ。ぼく自身大きな影響を受けて…