Shouting Fire in a Crowded Theater

30代・独身・リーマンの視点

小沢健二

今では何をやっているの不明だが(環境問題に取り組んでいるらしいが・・)、全盛期の小沢健二は本当にすごかったと思う。かれの全盛期がどこかは議論のあるところだと思うが、とりあえず大ヒットアルバム『LIFE』のころだとしておこう。ぼくが小沢健二を知ったのは中学時代友達の家でかかっていた「ドアをノックするのは誰だ?」を聴いたのがきっかけだ。テレビで流れている歌謡曲とは異なる「オサレ感」に打ちのめされた。さっそくアルバム『LIFE』を購入し、すっかりはまってしまった。特に歌詞が素晴らしい。たぶん『LIFE』は今までの人生で一番聴いたCDだろう。捨て曲なしで、まさにJ-POPの金字塔的作品だと思う。

小沢健二経由でフリッパーズ・ギターを知り、コーネリアスを始めとしていわゆる「渋谷系」とくくられていた音楽を聴くようになった。今では恥ずかしい思い出だが。『LIFE』を出した後の小沢はメディアにも積極的に露出するようになり、お茶の間にも浸透していった。ただ、そのうち迷走しだしのか活動休止等を経て、今ではほぼ引退状態となっているようだ。ぼく自身関心を失い、CDも買わなくなった。まあ、繊細そうな人だったからいろいろあったのだろう。個人的にはもう一度『LIFE』のようなポップなやつを出して欲しいと思う。

LIFE

LIFE