Shouting Fire in a Crowded Theater

30代・独身・リーマンの視点

名村造船跡地

昨日は大阪の名村造船跡地で行われたASOBINITE capsule RELEASE PARTY"PLAYER"に行ってきた。名村造船跡地は今回初めて行った。以前は造船所だったと思しき建物が今はイベントスペースとして使われていてなかなか趣がある。しかし、昨日は寒かった。会社帰りに同僚と2人で行ったわけだが、行くまでの道のりでガタガタ震えてしまった。9時開演ということで、10時には現地に着いていた。capsuleの登場は12時くらいとふんでいたが、実際は12時40分ごろ。いつも思うのだが、早めにタイムテーブルを公表して欲しいものだ。正直他のDJのプレイとか興味ないしな。

こしじまが歌っているところは初めて実際に見たが、本当に細い。今回は新作のRELEASE PARTYだけあってアルバム『PLAYER』の曲が中心。前作の『MORE! MORE! MORE!』が個人的には???な内容だっただけに、余り期待していなかったがこのアルバムはいいですね。かなり精力的に聴いている。特に「The Music」がお気に入りだ。残念ながら昨夜はやらなかったが。ところで、capsuleって「music」みたいなタイトルの曲が多いよな。ちょっと考えただけでも「The music (PLAYER所収)」、「MUZiC (Sugaerless GiRL所収)」、「MUSiXXX (FLASH BACK所収)」が思い浮かぶ。こういうのって曲作ってから適当にらしいタイトルを決めるのだろうが、ちょっとボキャブラリが少ないんじゃないでしょうか(笑)

あと隣にいた輩にしきりに話しかけられたのがうざかった。スーツ姿だったので目立ったのだろう。「会社帰りですか?」、「暑くないですか?」、「ネクタイ取らないんですか?」とかうるせーよ。挙句の果てに「いつからcapsule聴き始めたんでか?」だって。本当はPerfume経由なわけだが、ちょっと見栄張ってそこは隠しておいた(笑)「いや、『FRUITS CLiPPER』とかその辺だよ」と返したら「最近なんですね」。こういう失礼な若者は嫌いです。

capsuleが終わったのは26時くらい。自分としては朝までいたがったが、一緒に行った同僚がもう帰りたがっていたので、タクシーを拾って帰った。なんだかんだで楽しい1夜だった。

PLAYER(初回限定生産盤)(DVD付)

PLAYER(初回限定生産盤)(DVD付)