Shouting Fire in a Crowded Theater

30代・独身・リーマンの視点

老人支配に抗して(2)―若者はやはりかわいそう

今回もLJPに書いたエントリを再掲させてもらう。以前のポスト(「老人支配に抗して」)にちょうど関連するような本があったので取り上げてみたい。海老原嗣生『「若者かわいそう」論のウソ』。副題は「データで暴く『雇用不安』の正体」とある。著者はリクルート出身の人材コンサルタントでマンガ『エンゼルバンク』のモデルとなった「雇用のカリスマ」だという。内容的には「若者かわいそう」説を流布するベストセラー、具体的には門倉貴史の『ワーキングプア』、玄田有史仕事のなかの曖昧な不安』、城繁幸『若者はなせ3年で辞めるのか?』について、その主張の怪しさを具体的なデータに基づいて批判することと、本当の問題は何かを探ること、教育・雇用に関するキーマン(例:湯浅誠)との対談、そして政策提言からなっている。

本書については、すでに人気ブロガーの池田信夫や批判されている当の城繁幸のブログでも言及されているので、興味を持った方も多いかもしれない。結論から言うと、本書にたいするぼくの評価は、賛成半分、反対半分といったところだ。まず賛成のほうから。実際、著者も書いているように門倉のワープアの話はトンデモだ。玄田の話にしても大学卒業生の増加という事実からほとんど説明できてしまう。個人的にはけっこう好きな城繁幸だが、かれの思いとは裏腹に、「成果主義」はそれほど浸透していないし、若者の「転職率」が急増しているわけでもない。また、世に流布されているような「就職氷河期」を企業のせいする議論はお門違いだ。ましてや「派遣労働は悪」というのはあきれるほかない。

ここまでは著者の議論に基本的には賛成の部分。次に反対あるいは疑問を抱いた点を述べてみる。第1に、貧困問題の本丸は若者ではなく「高齢者」だとしているところ。この根拠として著者は、高齢者世帯の所得が低いことをあげている。しかし、城繁幸も反論のなかで書いているとおり、フロー(所得)だけでなくストック(資産)も考慮しなければ、いちがいに高齢者が「貧困」だと結論づけることはできないはずだ。

事実日本の金融資産の大部分は高齢者が握っていることを考えると、高齢者が貧困だというのは馬鹿げているように思われる。もちろん、高齢者間の資産の分布は偏っており、所得も低くかつ資産もない高齢者もいるだろう。だが、これは果たして「問題」なのだろうか。資産がない高齢者というのは、要するに若い時に貯蓄や投資を行わず、そのときの「消費」を優先した人間たちだろう。つまりこれは自分たちが選択した帰結ということだ。これになぜ政策的手当てをする必要があるのか。一切ないというのがぼくの答えだ。自分の尻くらい自分で拭いて欲しいと痛切に思う。

第2に、著者は、若者が就職難のように見えるのは、円高の進行による国内ブルーカラー正社員求人の減少と大卒者数の急増によるもので、だから「若者はかわいそう」ではないと主張している。しかし、これは評価がわかれるだろうが、ぼくからするとまさしく「若者はかわいそう」以外のなにものでもないように思えてしまう。

そして第3に、最大の問題として、既存の企業に居座っている中高年社員の既得権についてにほとんど触れていないことだ。前回のポストでも述べたことだが、今の労働市場の大きな欠陥の1つには解雇規制が強いため雇用調整が新卒採用数の増減でしかできないことにある。20代サラリーマンとしてあえて述べさせてもらうと、働いていない中高年社員は今すぐクビにすべきだし、その原資を新卒や若手社員の雇用や賃金にあてるべきだ。中高年社員にはそれまで蓄積された「企業特殊的技能」を含む「人的資本」があるからかれらの雇用を維持するのは「合理的」だと主張される向きもあるかもしれない。だが、希望退職募集の大半が一定年齢以上の社員を対象にしているところを見ると、それもはなはだ怪しいものがある。

解雇規制の問題については、最近ようやく主要メディアでも取り上げられてきた。例えば直近だと『週刊ダイヤモンド』の「解雇解禁」と題された特集がそうだ。また、本ブログの執筆者の1人でもある経済学者の蔵研也氏も自らのブログでこの件を取り上げられている(「若者を虐げる制度はやめようよ」)。海老原氏も政策提言でリップサービス程度にこの点に触れているが、その及び腰の態度には笑うしかない。なるほど本書はそれなりに真実を述べているのかもしれない。しかし、解雇規制の問題に触れていない時点で、中高年社員向けの「癒し」本としてしか機能していないように思われる。本書から読みとれる教訓は次のとおり。やはり若者は「かわいそう」であり、かれらを救うには、結局のところ解雇規制を撤廃して労働市場を流動化するしかないということだ。

「若者はかわいそう」論のウソ (扶桑社新書)

「若者はかわいそう」論のウソ (扶桑社新書)